• Menu
  • Menu
ou-dormir-nouvelle-orleans-quartier-loger

ニューオーリンズで寝るならどこがいい?ベスト・ネイバーフッド

ニューオーリンズで泊まるのに最適な場所をお探しですか?

このガイドに従ってください。私たちは、ニューオーリンズで眠るのに最も適した地域と、この眠らないアメリカの都市で最高の宿泊施設をテストし、リストアップし、詳しく説明しています。

Read more

✊ すべて読む時間がない?

ここでは、私たちの お気に入りの 宿泊施設を3 つ、価格帯別にご紹介します。

これらは最も人気のあるホテルなので、予約はお早めに。さらに、無料キャンセルを提供しているので、気が変わっても心配ありません。

(€) シティハウスニューオーリンズニューオーリンズの格安ホテルは、フレンチ・クオーターに位置 し、 観光スポットに近く、バーボン・ストリートから400mです。広くて明るい部屋です。予約はこちら

(€€) Renaissance Père Marquette.この歴史あるホテルは、市内中心部の理想的な場所にあり、フレンチ・クオーターから1kmのところにあります。部屋はとても広く、スタッフもとても親切です予約はこちらから

(€€)❤️ ホテル・ピーター・アンド・ポール(Hotel Peter and Paul)。旅行者に人気のエリアに位置し、信じられないほどの魅力を持つ 美しい ホテルです。部屋は広々としていて、とてもよく装飾されています。テラスやカクテルも一流です。予約はこちらから。

🏨ベストプライスで他の宿泊施設を探す 👈。

ニューオーリンズで滞在するのに最適な地域:マリニー

ou-dormir-nouvelle-orleans-quartier-marigny

ニューオーリンズで初めて滞在するのに最適な地域をお探しですか?

フォーブール・マリニーは、かつて現在この界隈がある土地に農園を所有していたバーナード・マリニーにちなんで名づけられました。フレンチ・クオーターに隣接し、エスプラナード・アベニューを境に、クレオール風のコテージ、コーナーショップ、バー、ライブミュージックが立ち並びます。

マリニーは、ニューオーリンズの小さな一角にある多くのクラブのおかげで、ライブ音楽の出発点となっています。フレンチ・クオーターの東端から1ブロックのところにあるフレンチメン・ストリートでは、4ブロックにわたってほとんどすべてのドアから生演奏が聞こえてきます。

[もっと読む]

アップルバレル、スポッテッドキャット、d.b.aに向かうか、セントクロードアベニューに向かい、ハイホーやオールウェイズラウンジなどのクラブでより普通の音楽、コメディ、ドラッグショーが行われます。

日中のアクティビティとしては、地元の自転車ツアー会社Confederacy of Cruisersが、カクテルツアーやフードツアーなど、素晴らしい周辺ツアーを提供しています。また、クレセントパークでは、街の絶景を楽しむことができます。

[/read]

マリニーでの5つの楽しみ方と見どころ

  • スナッグ・ハーバー・ジャズ・ビストロ
  • ブードゥー・スピリチュアル・テンプル
  • ワシントン・スクエア
  • パレスフレンチメンズマーケット
  • バッカニアン・ワイン

ニューオーリンズを初めて訪れるなら、どこに泊まるべきか-ベスト・ホテル

:ニューオーリンズで最も人気のあるホテルですので、ご予約はお早めに。

(€) City House New Orleans.フレンチ・クオーターにあるニューオーリンズの格安ホテル予約はこちらから

(€€ )ルネッサンス・ペール・マルケット Renaissance Père Marquette.ダウンタウンに位置する歴史的なホテル。予約はこちら

(€€)❤️ Hotel Peter and Paul.旅行者に人気のエリアにある美しい ホテルで、素晴らしい魅力を備えています。予約はこちらから。

ベストプライスで他の宿泊施設を探す 👈。

ニューオリンズの観光におすすめの宿泊先ローワー・ガーデン・ディストリクト

昔、LGDは、市の経済の中心地に近く、近くの川沿いの産業機会もあったため、労働者階級の移民が多く住んでいました。

しかし現在では、お洒落なカフェやバー、レストラン、アンティークやビンテージのショップ、ギャラリーなど、さまざまな魅力に溢れています。

マガジン・ストリートには何キロにもわたって美しいショップが並んでいますが、LGD地区のストレッチは圧倒的にファンキーです。

[詳しくはこちら]

クールな古着ならセンチュリーガール、一風変わったギフトならミエット-2020年のマルディグラの大流行時に近隣の家を飾った有名な「カーニバルの花」なども要チェックです。

ホームデコレーションやライフスタイルのインスピレーションが得られるThe Sunday Shop、さまざまな傘や日傘が揃うBella Umbrella、レコードのニーズがあれば何でも揃うNOLA Mix Records、あらゆる形やサイズのリサイクルキャンバスバッグが揃うTchoup Industry、地元のアーティストが作ったクールなアイテムが揃う1920 Magazineに足を運んでみてください。

[/read](英語

ニューオーリンズ観光の宿泊先 – 最高のホテル

:ニューオーリンズで最も人気のあるホテルなので、予約はお早めに。

(€) City House New Orleans.フレンチ・クオーターにあるニューオーリンズの格安ホテル予約はこちらから

(€€ )ルネッサンス・ペール・マルケット Renaissance Père Marquette.ダウンタウンに位置する歴史的なホテル。予約はこちら

(€€)❤️ Hotel Peter and Paul.旅行者に人気のエリアにある美しい ホテルで、素晴らしい魅力を備えています。予約はこちらから。

マリニーでの5つの楽しみ方と見所

  • マルディグラ・ワールド
  • ニューオーリンズ港
  • コロシアム広場公園
  • 聖マリア被昇天教会
  • マーケット・ストリート発電所

家族で楽しむニューオーリンズの滞在先:ウェアハウス地区

ou-dormir-nouvelle-orleans-quartier-warehouse

かつては工業地帯として家族連れに人気のあったこの地区は、セントラル・ビジネス・ディストリクトと住宅街のアップタウンを結ぶ橋渡し的な役割を担っています。

そのためか、倉庫街は現在、ニューオリンズで最も文化的でレストランが多い地域のひとつとなっています。川沿いのコンベンションセンター、世界的に有名な第二次世界大戦博物館、そして独自のアートディストリクトがあり、このエリアは常に賑わいを見せているのです。

[続きを読む]

第二次世界大戦博物館は、その人気と全体的な内容・範囲の両面において、大成功を収めています。アメリカの歴史に興味のある親子連れには必見です。

次に、オグデン美術館(Ogden Museum of Southern Art)で地域の芸術を鑑賞し、通りの反対側にあるコンテンポラリー・アート・センター(Contemporary Arts Center)に向かいましょう。

さらに、ギャラリー通りとして知られる6ブロックのジュリア通りを歩き、国内外のアーティストを紹介するスペースを見て回り、文化的な旅を続けましょう。

[/read] (英語

ウェアハウス ディストリクトの5つの見どころ

  • 国立第二次世界大戦博物館
  • オグデン美術館(南部美術
  • 南部連合記念館博物館
  • カランコンテンポラリー
  • イタリア広場

家族でニューオーリンズに滞在するなら – ベストホテル

:これらはニューオーリンズで最も人気のあるホテルですので、ご予約はお早めに。

(€) City House New Orleans.フレンチ・クオーターにあるニューオーリンズの格安ホテル予約はこちらから

(€€ )ルネッサンス・ペール・マルケット Renaissance Père Marquette.ダウンタウンに位置する歴史的なホテル。予約はこちら

(€€)❤️ Hotel Peter and Paul.旅行者に人気のエリアにある美しい ホテルで、素晴らしい魅力を備えています。予約はこちら。

カップルでニューオーリンズに滞在する場所:Bayou St.

バイユー・セントジョンとフェアグラウンドは、ニューオーリンズで最もロマンチックで歴史的な地区です。これは、ミシシッピ川と北のポンチャートレイン湖を結ぶ初期の貿易ルートで重要な役割を担っていたことが一因です。

現在、これらの地区には、一風変わったレストラン、居心地の良いカフェ、風変わりなショップが軒を連ねています。また、秋に開催されるニューオリンズ・ジャズ&ヘリテージ・フェスティバルやブードゥーフェストなどの大きなイベントに参加するカップルには絶好のロケーションです。

[続きを読む]

ラフィット・グリーンウェイは、トレミーからミッドシティに至るものの、歩行者と自転車のための道の多くはバイユー・セントを通る。

真っ青なカブリーニ歩道橋や歴史的なピトーハウス(ニューオーリンズで現存する最古の建物の1つ)も要チェックです。f.p.c.博物館では、奴隷、自由人、アフリカ系アメリカ人の体験について、ガイド付きツアーでわかりやすく説明しています。

また、サザンレップシアターやコミュニティブックなど、バイユーロード沿いのさまざまな場所やお店をぜひ訪れてみてください。

[/read]

バイユー・セントジョンの5つの楽しみ方と見どころ

  • ピトーハウス
  • フォルティア公園
  • ジャクソン・スクエア
  • シティパーク
  • ニューオーリンズ美術館

ニューオーリンズでカップルで泊まるなら – おすすめのホテル

:これらはニューオーリンズで最も人気のあるホテルですので、ご予約はお早めに。

(€) City House New Orleans.フレンチ・クオーターにあるニューオリンズの格安ホテル予約はこちらから

(€€ )ルネッサンス・ペール・マルケット Renaissance Père Marquette.ダウンタウンに位置する歴史的なホテル。予約はこちら

(€€)❤️ Hotel Peter and Paul.旅行者に人気のエリアにある美しい ホテルで、素晴らしい魅力を備えています。予約はこちら。

お出かけに最適なエリア:トレミー

ou-dormir-nouvelle-orleans-quartier-treme

アメリカで最も古い黒人居住区として知られるトレミーには、喜びと悲劇の歴史があります。セカンドラインやマルディグラのインディアンなど、ニューオーリンズの伝統の多くはここで生まれました。

何世代にもわたってここに住んでいる家族の住民は現在、住宅価格の上昇に悩まされていますが、ニューオーリンズの黒人社会を知るには、この地区に数多くあるジャズクラブ、ソウルフード店、文化センターを体験するのが一番です。

[続きを読む]

前述のとおり、この界隈には、ニューオーリンズの豊かな黒人文化の歴史に対する賛辞があふれています。

また、マルディグラのインディアンやセカンドラインの伝統について学べるバックストリート・カルチュラル・ミュージアムもお見逃しなく。

プチジャズ博物館(Petit Jazz Museum)では、1つの博物館をはるかに超える量の知識を得ることができます。

屋外のアトラクションとしては、アームストロング公園のコンゴ広場周辺にあるミュージシャンの銅像やその他のパブリック アートをご覧ください。

象徴的な聖オーガスティン教会(米国初のアフリカ系アメリカ人のカトリック教会)を通り過ぎ、ニューオーリンズで生き、死んだすべての奴隷を祀る無名奴隷の墓(Tomb of the Unknown Slave)を見て歩くのもよいでしょう。

[/read]

トレミーでの5つの楽しみ方と見どころ

  • ルイ・アームストロング・パーク
  • バックストリート・カルチュラル・ミュージアム
  • コンゴ・スクエア
  • ニューオーリンズ・アフリカン・アメリカン・ミュージアム
  • トレミーのリトル・ジャズ・ミュージアム

ニューオーリンズで出かけるならどこに泊まるか – おすすめのホテル

:ニューオーリンズで最も人気のあるホテルですので、ご予約はお早めに。

(€) City House New Orleans.フレンチ・クオーターにあるニューオリンズの格安ホテル予約はこちらから

(€€ )ルネッサンス・ペール・マルケット Renaissance Père Marquette.ダウンタウンに位置する歴史的なホテル。予約はこちら

(€€)❤️ Hotel Peter and Paul.旅行者に人気のエリアにある美しい ホテルで、素晴らしい魅力を備えています。予約はこちら。

ニューオーリンズで安く泊まれる場所: アップタウン

ガーデンディストリクトとミシシッピ川が曲がる場所の間に位置するアップタウンは、非常に広い範囲に広がっています。この地域には、アイリッシュチャンネル、リバーサイド、ガーデンディストリクト、フレットなどの小さな地区があり、どの地区にもセントチャールズアベニューのトラムラインで行くことができます。

アップタウンの美しい家々をセルフガイドで巡るだけでも1日では足りないくらいですが、他にもたくさんのおすすめスポットがあります。

フレットストリートを散策すると、たいてい楽しい(そしておいしい)時間を過ごせます。Windowsill PiesやCrescent City Comics、そしてその気になればZeus’ Rescuesで子犬や猫に会いに行ってみてはいかがでしょう。

[続きを読む]

マガジン・ストリートのアップタウン地区には、高級ブティック、ギャラリー、アンティークショップが軒を連ねています。お気に入りは、気まぐれなミニチュアや珍品が売られているLady Delaney’s unique Imaginarium、古着やジュエリーのMagpie、Dark Garden Corsetry and Couture、地元デザインのジュエリーのMignon Fagetなどです。

また、ビーズ・ショップでは、気が向いたら自分だけのジュエリーを作ることもできます。そして、リラックスしたいなら、アートハウス映画や午後の名作を上映しているプリタニア・シアターへ。

[/read]

アップタウンの5つの楽しみ方と見どころ

  • ケイティ・トレイル(ダラス)
  • ジオメトリック美術館
  • グリッグス公園
  • ダラス美術館
  • ペロー自然科学博物館(Perot Museum of Nature and Science

ニューオーリンズで安く泊まるには-ベストホテル

:これらはニューオーリンズで最も人気のあるホテルの一部ですので、ご予約はお早めに。

(€) City House New Orleans.フレンチ・クオーターにあるニューオーリンズの格安ホテル予約はこちらから

(€€ )ルネッサンス・ペール・マルケット Renaissance Père Marquette.ダウンタウンに位置する歴史的なホテル。予約はこちら

(€€)❤️ Hotel Peter and Paul.旅行者に人気のエリアにある美しい ホテルで、素晴らしい魅力を備えています。予約はこちらから。

Promo Booking 👉 15% Off minimum sur votre séjour sur Booking.com

X